人物

藤井サチの年収は?実家の父はヴィトンの社長でお嬢様なの?

藤井サチの年収は?実家の父はヴィトンの社長でお嬢様なの?

こんにちは。NORIです!

 
『NORIのブログ』
にお越しいただきありがとうございます。

 
藤井サチさんは
2017年にセブンティーンのモデルを卒業して
現在はViViの専属モデルとして活躍されてますね。

藤井サチのプロフィール

名前:藤井サチ
生年月日:1997年3月6日
出身地:東京
血液型:A型
身長:170センチ
スリーサイズ:80 – 60 – 88 cm
靴のサイズ:25.5 cm

 藤井サチの年収は?実家の父はヴィトンの社長でお嬢様なの?

父親は日本人
母親はアメリカ人なので
藤井サチさんはハーフなんですね。

は藤井清也さん
は藤井仁奈さん
(名前不明・義妹)

お兄さんの藤井清也さんはモデルでもあり
現在は無期限活動休止中だそうですが
ロックバンド「The SALOVERS」のギター担当。

バンドのボーカルは古舘伊知郎さんの
長男・古舘佑太郎さんだそうです。

 藤井サチの年収は?実家の父はヴィトンの社長でお嬢様なの?

お姉さんの藤井仁奈さんは
ハリウッドで女優をしているそうです。

 藤井サチの年収は?実家の父はヴィトンの社長でお嬢様なの?

藤井サチの年収は?

藤井サチさんの年収は情報が無く確認できませんでした。

一例として、モデル情報サイトでは
・専属契約料 月20~30万円
・撮影料(都度)1回5~10万円

同じViViの専属モデルのemma(エマ)さんは
月収50万円以上
推定年収 600~800万円となっています。

藤井サチの実家の父はヴィトンの社長でお嬢様なの?

藤井サチさんの父親は藤井清孝さん
といって、元ルイ・ヴィトンの社長です。

 藤井サチの年収は?実家の父はヴィトンの社長でお嬢様なの?

兵庫県神戸市生まれで
卒業した高校は灘高等学校卒業
大学は東京大学法学部卒業

その後はマッキンゼー・アンド・カンパニー
東京事務所に入社。

1986年にはハーバード大学でMBAを取得
(MBAとは、経営学修士の修士課程を
終了したものに与えられる学位)

・アメリカの大手コンサルティング会社「マッキンゼー・アンド・カンパニー」
・大手銀行「ファーストボストン」
・コンサルティング会社「ブース・アレン・ハミルトン」、
・「ケイデンス・デザイン・システムズ」社長
・SAPジャパン社長
・クインタイルズ・トランスナショナル日本法人社長
・ルイ・ヴィトンジャパン社長
・電気自動車充電インフラ企業ベタープレイス日本法人社長

現在は、コニカミノルタで
ヘルスケア事業本部長兼執行役だそうです。

ルイ・ヴィトンの社長をされていたのは
2006年5月から2007年4月まで

ルイ・ヴィトンの推定年収は650万円から680万円で
役職が上がると年収1億はあるそうですね。

現在のコニカミノルタの平均年収は約800万円で
管理職、役員となると推定年収1000万円以上だと思われます。

父親は再婚されています。
再婚相手は中崎恵美さんといって
「emiスキンクリニック」の院長をされてるそうですよ。

 藤井サチの年収は?実家の父はヴィトンの社長でお嬢様なの?

自宅の間取りは16LLDDKK

東京都渋谷区の超高級住宅街で150坪
地上3階、地下1階で16LLDDKKだそうです。

地下駐車場はテニスコート約2面分とか。
藤井サチさんのご家族と祖父母が暮らす2世帯住宅。

リビング×2
キッチン×2
ダイニング×2
和室×3
書斎×3
寝室×3
応接室(30畳)
の合計16部屋

お風呂は4つ
トイレは6つで
両親用、子供用、祖父母用、お手伝いさん用と
それぞれあるそうです。

こんなに部屋がたくさんあったら
お手伝いさん大変ですね。
お手伝いさん、何人いるんでしょう?

掃除だけで1日かかりそうです。

でもシェフは別にいるみたいだから
掃除に専念できますね。

庭の雑草抜きがもっとイヤですね。

 藤井サチの年収は?実家の父はヴィトンの社長でお嬢様なの?

私の家にも一応庭がありますが
雑草抜くの本当に面倒くさい。

夏の間、暑いから雑草を放置していたら
恐ろしいことになってました(笑)

今の私の目標は
「庭を全部コンクリートにする」です。

そうすれば、大嫌いな雑草抜き
しなくてよくなりますよ(笑)

藤井サチの年収は?実家の父はヴィトンの社長でお嬢様なの?のまとめ

いかがでしたか?

まるで「白鳥麗子」のような
本物のお嬢様でしたね。
(ちょっと古かったかしらw)

 まとめ

・藤井サチの年収は情報なし
・実家の父は元ルイ・ヴィトンの社長

それでは、以上で
藤井サチの年収は?実家の父はヴィトンの社長でお嬢様なの?

についてのまとめを終わります。

 
最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!