人物

山田まりやの旦那は誰?いつ結婚したの?現在の家族構成は?

山田まりやの旦那は誰?いつ結婚したの?現在の家族構成は?

こんにちは。NORIです!

 
『NORIのブログ』
にお越しいただきありがとうございます。

今回は
山田まりやさんについて調べてみました。

山田まりやの旦那は誰?

山田まりやさんの旦那さんは、青森県深浦町出身で舞台俳優の草野 徹さん

出身高校:青森県立木造高等学校

出身大学:拓殖大学

木造高校では舞の海秀平さんと同期で、教員実習でも舞の海さんと同時期に実習されたそうですよ。

山田まりやはいつ結婚したの?

2008年2月14日のバレンタインデー婚でした。

当時、草野徹さんは40歳、山田まりやさんは28歳で年齢差は13歳。

馴れ初めは、

『俳優仲間との飲み会で泥酔した山田まりやさんを草野徹さんが介抱したこと』だそうですよ。

山田まりやさん、そんなにベロベロに酔っちゃったんでしょうか(笑)

山田まりやの現在の家族構成は?

山田まりやさんは、2012年12月男の子を出産されています。

5年間子どもが出来なかったそうですが、やっと授かったということで嬉しかったでしょうね。

息子の名前は宗徳(むねのり)くん。

ひとりっ子なので、家族は3人ということです。

山田まりやの旦那は誰?いつ結婚したの?現在の家族構成は?

Youtubeで子どもの顔出し

2020年5月にYoutubeチャンネルを開設して、宗徳くんと一緒に親子でYoutubeデビューをされました。

「ムネまりチャンネル」というそうですよ。

プロデューサーからは「親子のありのままの姿が見たい」と言われているようで、宗徳くんの宿題を見たり、かかりつけ医の紹介をされたりしてるそうです。

かかりつけ医まで教えちゃうなんて、かなりプライベート開けっぴろげですね(笑)

そういえば、若いころからさっぱりしたというか、はっきりものを言うお嬢さんでしたね。

私、結構好きでした。

テレビでなにか話したりしてるときも「嘘ついたりしてないんだろうな」と思ってました。

まぁ・・・他の人は嘘ついてる ってことではありませんけどねw

山田まりやの旦那は誰?いつ結婚したの?現在の家族構成は?

クローン病ってなに?

山田まりやさんはクローン病で大変だった時期があるそうですね。

クローン病とは、口腔内、小腸、大腸など、消化管のいたるところに慢性的な炎症をきたす病気です。
潰瘍性大腸炎とならび、代表的な炎症性腸疾患の一つとして知られています。

クローン病は、10歳代後半から20歳代の若年者に好発する病気で、発症年齢のピークは男性が20〜24歳、女性が15〜19歳といわれています。
男性と女性の患者比は2:1で 、男性の方がかかりやすい病気です。しかし、2017年現在、性差をきたす原因はわかっていません。

引用:メディカルノート

日本人の患者数は増えてるのに、発症に至る詳細等はわかっていない病気だそうですよ。

山田まりやさんは、2003年頃から体調を崩していたそうです。

23歳ごろ、特に大きく体調を崩して、大変な時期があったみたいですね。

でも、確定診断を受けたわけでは無いみたいで、寛解状態になっているそうですよ。

山田まりやのプロフィール

本名 草野まりや(旧姓・山田)
生年月日 1980年3月5日
出身地 愛知県
血液型 A型
身長 153cm
所属事務所 セントラル
滝沢カレンは賢い?学歴と偏差値、ハーフだけど英語は話せないの?
滝沢カレンは賢い?学歴と偏差値、ハーフだけど英語は話せないの?こんにちは。NORIです! 『NORIのブログ』 にお越しいただきありがとうございます。 滝沢カレンさん、料理本出さ...
桜井日奈子の学歴まとめ。大学は明治、日大どっち?偏差値もすごい?
桜井日奈子の大学は明治、日大どっち?偏差値もすごい?学歴まとめ。こんにちは。NORIです! 『NORIのブログ』 にお越しいただきありがとうございます。 「岡山の奇跡」と言わ...
中条あやみは頭いいって本当?地元大阪の出身校や偏差値など学歴は?
中条あやみは頭いいって本当?地元大阪の出身校や偏差値など学歴は?中条あやみは頭いいって本当?地元大阪の出身校や偏差値など学歴は? こんにちは。NORIです! 『NORIのブログ』 ...

山田まりやの旦那は誰?いつ結婚したの?現在の家族構成は?のまとめ

いかがでしたか?

デビューしたころとあまり変わっていませんね。

いつまでも可愛いです。

 まとめ

  • 旦那は草野 徹さん
  • 2008年2月14日にバレンタインデー婚
  • 旦那と一人息子の宗徳くんと3人家族

それでは、以上で
山田まりやの旦那は誰?いつ結婚したの?現在の家族構成は?

についてのまとめを終わります。

 
最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!