趣味

市が主催の講座に参加したら実用書教室が面白かった【3・4回目】

市が主催の講座に参加したら実用書教室が面白かった【3・4回目】

こんにちは。NORIです!

 
『NORIのブログ』
にお越しいただきありがとうございます。

実用書教室に通ったのは9月でしたね。
毎週水曜日、けっこう楽しかったです。

1回目、2回目は記事にしましたが
3回目、4回目は書いていませんでした。

ずっと「書いてないな」と思いつつ
「このまま書かなくていいや」という気持ちと
「半分まで書いたんだから全部書かないと」という
思いでフラフラしていましたが・・・

3回目と4回目は一緒にしちゃいます(笑)

硯や筆、紙は重要らしい

まるで、100均の道具で揃えて教室に
通っていた私に対して言ってるような
お言葉です(笑)

わかってますよ。

ちゃんとした道具を使ったほうが
良いってことは重々承知しています。

・・・が!

ぶっちゃけ、続けるつもりなく
通ってただけだし。

興味はあったけど
教室は楽しかったけど

家に帰ってまで書くか?
って言われたら書かない。

半紙と墨汁たっぷり残ってるけど
どうするの?って気もしますが。

3回目で変な筆を使ってることがバレる

そりゃあ、バレますよ。
筆先開いちゃってるから、「はらい」の
部分がボーボーだし(笑)

やっぱり100円の筆では、良いのは最初だけみたい。

講師は、娘の髪の毛で作った筆、
宝物だと言ってました。

1度もカットしていない髪の毛で作る筆は
貴重ですからね~。

赤ちゃんは寝せてる時間が長いから
後頭部部分の髪の毛は、こすれたりしてて
肝心の毛先が切れてる場合があるそうです。

そりゃ、そうでしょうね。

なのであまり、すれたり切れたりしていないであろう
箇所(頭頂部)の髪の毛で作ったそうです。

まるでフランシスコ・ザビエルのような
頭になっちゃって、嫁に叱られたそうです(笑)

赤ちゃん、女の子なのに可哀そう。
でも、そのころの写真があるなら見てみたいw

3回目の教室で書いた字はこちら

市が主催の講座に参加したら実用書教室が面白かった【3・4回目】

全員に半紙を1枚づつもらえました。
※ 写真1番左の半紙

ちょっと色のついた、見るからに
高級そうな半紙です。

こういう色のついた、「高そう」という
半紙をもってきてるひとも数人いました。

その半紙で練習してるんだけど
やっぱり講師と同じ考えなんでしょうか?

「ちゃんとした道具で書く」タイプの人なんですね。

4回目の教室で書いた字の写真はありません

4回目は「年賀状」の練習だったからです。

自分の住所と名前の練習。

3回目が終わったときに宿題まで
出たんですよ。

「住所と名前を書いてきてください」
って言われたから、4回目の当日の午前中に
書きました。

でも、教室でも書いたから、別に
書いて持って行かなくても良かったんですけどね。

素直に宿題持って行っちゃった(笑)

市が主催の講座に参加したら実用書教室が面白かった【3・4回目】のまとめ

いかがでしたか?

結局、「書くかも」と思ってた
写経は無かったですね。

写経、やってみたかったんですけど。

もっと筆先がちゃんとしたものなら
写経うまく書けるのではないかと
勝手に思い込んでいますよ。

機会があったら、またやってみたいですね。

 まとめ

・やっぱり、どんなことも道具って大切なんですね
・今度は「絵を描く」というのもやってみたいです。

それでは、以上で
市が主催の講座に参加したら実用書教室が面白かった【3・4回目】

についてのまとめを終わります。

 
最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!