趣味

ちぎり絵を簡単に高齢者が作成するコツは?和紙が無くても折り紙で!

ちぎり絵を簡単に高齢者が作成するコツは?和紙が無くても折り紙で!

こんにちは。NORIです!

 
ちぎり絵って、身近にあるもので
思い立ったときに、すぐに
出来るのが良いところですよね。

ちぎり絵を簡単に高齢者が作成するコツは?和紙が無くても折り紙で!

・ちょっとした暇ができたら。

・こんな絵柄どうかしら?と思いついたら。

・誰かに、ちょっとしたプレゼントとして。

 
指先を使うので、脳の活性化にも
効果的なんですよ。

ちぎり絵ってなあに?

ちぎり絵とは、道具を使わず、手でちぎった紙を
台紙に貼って表現した絵のこと。

 
目打ちを使って、紙を切ることもありますが
基本的には、道具を使わず手でちぎります。

ちぎり絵を簡単に高齢者が作成するコツは

ちぎり絵のコツは?

と言われても
特別にはありません(笑)

しいて言うなら、和紙の場合、
『紙の縦目と横目を確認する』
ということでしょうか。

ちぎり絵を簡単に高齢者が作成するコツは?和紙が無くても折り紙で!

ちぎりかたのコツは

1:縦目が上下になるように持つ。

2:親指と人差し指で紙を挟んで、ひねるようにちぎる。

3:ちぎった後、指先で和紙の形と毛羽を整える。

 
※ポイント

和紙は爪を立ててちぎらないようにしましょう。
和紙の特徴である毛羽立ちが出せなくなってしまいます。

ちぎり絵は和紙が無くても折り紙で!

和紙で作らなくてはいけないということはありません

和紙が無くても折り紙でも大丈夫です。

シンプルな色紙、柄物、マスキングテープも可。

英字新聞で作ってみても、おもしろいかも。

ちぎり絵作成に必要な材料

<台紙>
ちぎった紙を貼るだけの厚紙。画用紙など。

<鉛筆>
台紙に下書きするときに使う。

<和紙>
和紙以外にも、折り紙など、どんな紙でもOK

<のり>
のり。スティックタイプ、チューブなど。

<はけ>
無くても良いけど、キレイにのりを付けたい場合に役立つ。

<目打ち>
細かい部分など形を整えたり、小さくちぎったりしたいときに使う。

ちぎり絵を簡単に高齢者が作成するコツは?和紙が無くても折り紙で!

ちぎり絵の基本的な作り方

1:台紙に下絵を書く

2:和紙や折り紙などをちぎる

3:のりを付けて台紙に貼る

4:下絵に合わせて形を整える。

ちぎり絵を簡単に高齢者が作成するコツは?和紙が無くても折り紙で!まとめ

いかがでしたか?

ちぎった紙を貼るための厚紙さえあれば
すぐにでも始められますね。

手軽に作れて、お部屋のオシャレな
アクセントになりそうですね。

 まとめ

・紙をちぎるときのコツは親指と人差し指で紙を挟んで、ひねるようにちぎる
・和紙が無くても、どんな紙でも大丈夫

ちぎり絵を簡単に高齢者が作成するコツは?和紙が無くても折り紙で!

それでは、以上で
ちぎり絵を簡単に高齢者が作成するコツは?和紙が無くても折り紙で!

についてのまとめを終わります。

 
最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!