趣味

市が主催の講座に参加したら実用書教室が面白かった【1回目】

市が主催の講座に参加したら実用書教室が面白かった【1回目】

こんにちは。NORIです!

『NORIのブログ』
にお越しいただきありがとうございます。

今までは、毎週1つの講座に通っていましたが
今月は火曜日は、「フラダンス教室」
水曜日は、「実用の書を小筆で学ぶ」
の、2つの講座を受けることにしました(笑)

今回は、講座代金と教材費がいるんですね。

市が主催の講座に参加したら実用書教室が面白かった【1回目】

講師は時間厳守(笑)

ヨガもエクササイズもフラダンスも
身体を動かす講座ばかりで
机に向かって行う講座は初めてです。

平日の午後だからなのか
書道だからなのか
年配のひとが多めです。

講師は、始まる時間まで
部屋に入ってきませんでした。

このへんも、身体を動かす講座とは
違うところでした。

今までの講師は
1番最初に来て、待ってましたからね。

今回の講座は1回2時間

運動する講座じゃないからなのでしょうか
1回の講座の時間が長めです。

ところが、この日は初回のせいか
前半の1時間は、ほぼ講師の話

自分はどこで書道を教えていたとか
「習字の先生」ではなく
「書道の先生」と言うように指導したとか

最初のうちは、真剣に聞いてましたが
だんだん飽きてくるんですよね。

それほど講師に興味ないので
そんなに講師のこと知っても
しかたないし(笑)

市が主催の講座に参加したら実用書教室が面白かった【1回目】

空気を読んだのか
「この時間は墨をする時間です」
とか言ってました。

「話が長い場合は墨が
ドロドロになります。」とか
全然笑えませんけど?

だったら、早く書かせて。

しかも、墨なんてすってるひと
だれもいません。

みんな墨汁もってきてます(笑)

早く書きたいけど

「2時間、書を書き続けるのは苦痛です。」

「最近の子供はテレビの影響で
CMで一息入れる習慣になってるから
15分作業したら休憩したがります」

「2時間ドラマをHNKで観たら疲れるでしょう?」

などと言って、延々としゃべり続けた言い訳をしてましたが
・・・2時間書き続けるの平気なんですよ。

市が主催の講座に参加したら実用書教室が面白かった【1回目】

聞きたくない話聞くより早く書きたい(笑)

初心者に合わせてるはずが

普段も墨で書いてるんじゃないの?
って思うような、りっぱな道具を
持ってきてる人もいます。

と言うか、私だけかしら?
適当な道具を準備して
持って行ったの(笑)

やっと、お許しが出て1枚目の半分も書かないうちに

「キチンと清書のように書けてなくても
良いので、持ってきてください」
とか言ってます。

話は長いくせに、書く時間は短い・・・

あせっちゃうじゃないですか。

しかも、「どういう大きさで何回書く」
って言わないから
1行に8文字書く人や
1行に4文字で書いてる人も。

市が主催の講座に参加したら実用書教室が面白かった【1回目】

「はらい」とか
「とめ」とか
「折れ」とか

本の何ページ見て
とか言ってないで
実際に書かせてくれれば良いのに

って思いながら見てましたが
これらを1度も練習することなく
いきなり文字を書くことに。

市が主催の講座に参加したら実用書教室が面白かった【1回目】 市が主催の講座に参加したら実用書教室が面白かった【1回目】

小筆だから、簡単に書けると
タカをくくっていましたが
すっごくむずかしい。

ペンなら、もう少し
上手に書ける気がしますが
筆だと全然書けません。

話が長かったので

15分前には
「キリの付いた人から
片付けてください」

「えええぇぇぇ~~???」

まだ、ほとんど書いてないんですけど。

市が主催の講座に参加したら実用書教室が面白かった【1回目】

100枚入りの半紙を
用意してるんだから
もっと書きたい

4枚しか書いてない。

小筆だから、そんなに
書けないかもね~って
思ってましたが

書けなさすぎ(笑)

次回は講師が来る前に
もう書いていようかしら(笑)

来週はどんな字を書くのか
楽しみです。

小筆で字を書くの面白い♪

市が主催の講座に参加したら実用書教室が面白かった【1回目】のまとめ

いかがでしたか?

講師の話の長さが、とっても気になった講座でした。

筆を使ったのは中学生のときに授業で習字をした以来のような気がします。

「年賀状も筆で書いてみようという気になるかもしれません」
と言ってましたが、もう何年も年賀状出してないんですよね(笑)

 まとめ

・小筆でも、こんなに難しいので普通の筆なら多分書けません。
・写経みたいに、もう少し小さい字のほうが書きやすいのかな?と思いました。

それでは、以上で
市が主催の講座に参加したら実用書教室が面白かった【1回目】

についてのまとめを終わります。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!