宮城県の「こけし館」って?絵付け体験もできて可愛いくて楽しい

宮城県の「こけし館」って?絵付け体験もできて可愛いくて楽しい

こんにちは。NORIです!

 
『NORIのブログ』
にお越しいただきありがとうございます。

父親が、旅行に行くとよく買ってきていました。

箪笥の上いっぱいの大きさの
ガラスのケースの中に、おみやげで
買ってきたこけしを飾っていました。

5年前に引っ越ししたときに、すべて
処分してしまったので今は1つも残っていません。

そういえば、こけしってそんなに
ぞんざいな扱いしては
いけなかったような気がするのですが・・・(汗)

「こけし館」ってどこにあるの?

宮城県の「こけし館」って?絵付け体験もできて可愛いくて楽しい
住所 〒989-0916 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字新地西裏山36-135
電話番号 0224-34-2385
営業時間 通常 9:00~17:00
営業時間備考 最終入館16:30
定休日 12月29日~1月3日
アクセス 仙台駅前33番乗り場より高速バス70分
宮城交通バス「遠刈田湯の町バス停」より徒歩10分
HP http://kokeshizao.com/
入館料金 大人300円
子供150円(小・中学生)※未就学児無料
団体20名様以上…大人250円、子供120円
団体100名様以上…大人200円、子供100円
その他説明/備考 売店:あり
コインロッカー:あり
ベビーカー:なし
ベビー用施設:なし
障害者優先トイレ:あり
立地山沿い 立地川沿い
駐車場あり
雨でもOK
ベビーカーOK
売店あり
宮城県の「こけし館」って?絵付け体験もできて可愛いくて楽しい

こけし絵付け体験

こけし絵付け体験って楽しそうですね。
丸っこいから、難しいかな?

行っていきなり「やってみたい」と思っても
大丈夫みたいですが・・・

申し込みが10名を超える場合は、3日前までご予約ください。

個人(少人数)でのお申込みは当日でも可能ですが、予約優先になりますので、春・夏・冬休みまた大型連休の際はご予約頂いてからお出掛け下さいますと待ち時間がなくて早く仕上がります。

予約して行ったほうが良さそうですね。

こけし絵付け体験(要予約)
絵付け代850円
団体20名様以上…800円
団体100名様以上…750円

※絵付け人数200名まで可能

絵付け受付時間
9:00~11:00/13:00~16:00

こけしの由来

こけしが誕生したのは江戸時代の終わり頃のことで
江戸時代の男児、女児たちの髪型、芥子(けし)坊主に似ているから

江戸時代の子どもは、お手入れがしやすいよう、
頭頂部の髪だけを残して丸坊主にしてたんですね。

女の子も?
ちょっとかわいそうな気もしますね。

というか、お手入れしやすくても
冬が寒そうじゃないですか?

宮城県の「こけし館」って?絵付け体験もできて可愛いくて楽しい

その他、木製の人形を意味する木偶でくから由来して「きでこ」と読んだり、木を削るということから「木削子こげし」、這子はうこ(這う乳児の人形という意味)と「きぼこ」といったり、地域でそれぞれ呼び名が異なっていたようです。

また、「木で作った芥子人形(けしにんぎょう)」を由来とする説もあります。
芥子人形とは江戸時代に流行した木彫りの豆人形のことなんだそうですよ。

「子消し」や「子化身」は?

貧困のために堕胎した子供を慰霊するために「こけし」は作られたという説があるそうです。

私は、かなり前にこの説を聞いて、すっかり信じてしまって、以来「なんだか怖い」とずっと思っていたのです。
なので、多数あったこけしを処分してしまってから「しまったーーー」と気づき、後悔していたのです。

・・・が!
根拠のない俗説らしいですね(笑)

詩人、松永伍一(まつながごいち)が創作童話に中で唱えたそうで、これが引用されテレビなどでも取り上げられたそうなんです。

こけしの名称

・きでこ
・でころこ
・でくのぼう
・きぼこ
・ほうこ
・こげほうこ
・こげす
・けしにんぎょう

漢字で「こけし」を書くと

・小芥子
・木芥子
・木形子
・木削子
・木牌子
・古け志

などがあります。

現在は「こけし」で統一されています。

あかりこけし

私の家に飾ってあったこけしは背が高く、
頭が大きく、胴体部分が細いものばかりで、
「不安定な人形だな」と思ってあまり愛着も無く、
ほとんど見向きもしていませんでした。

今は小さくて、頭でっかちじゃない
バランスの良いこけしもありますよね。

この不安定な、頭でっかちのこけし
地震などで倒れたときに役に立つのが
「あかりこけし」だそうです。

宮城県の「こけし館」って?絵付け体験もできて可愛いくて楽しい

考えたひと、あたま良すぎません?w

メッチャ便利と思う。
どこで売ってるんだろう?

東北に行けばあるかもしれませんね?

宮城県の「こけし館」って?絵付け体験もできて可愛いくて楽しいのまとめ

いかがでしたか?

今、思うと父がおみやげとして買ってきていたこけし。
女ばかりの姉妹だったのに、誰もたいして喜んでもいなかったような記憶です。

もっと喜んであげれば良かった。
そして、ひとつやふたつは残しておけばよかったと、とても後悔しています。

 まとめ

・絵付け体験は、当日可ですが、予約してから行くほうがおすすめ

それでは、以上で
宮城県の「こけし館」って?絵付け体験もできて可愛いくて楽しい

についてのまとめを終わります。

 
最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!