家電

ダイソンコードレス掃除機を実際に使ってみた!使い心地やオススメポイントは?

ダイソン Dyson Cyclone V10

ダイソンのコードレス掃除機「Dyson Cyclone V10」と「Dyson Micro 1.5kg」

購入の決め手や実際に使ってみた使い心地もリサーチしました

ダイソン Dyson Cyclone V10

ダイソン Dyson Cyclone V10 Fluffy サイクロン式 コードレス掃除機 dyson SV12 FF N 2018年モデル

Dyson Cyclone V10

運転時間:最⻑60分
質量:2.58kg

特徴

  • 従来モデルのDyson V8より吸引⼒が向上
  • ⾳響⼯学に基づいた静⾳設計
  • 衛⽣的で簡単なゴミ捨て機能
  • 0.3ミクロンもの微細な粒⼦を99.97%捕らえます
  • 2つの吸引モードの切り替えが可能
  • 床だけでなく、⾼い場所や家具の下、床の隙間も、⾃在に掃除できます
  • ハンディクリーナーとしても使⽤可能
ダイソン Dyson Cyclone V10

この機種を選んだ理由と重要視した点

ダイソンの掃除機の中でも、かなり安くなっていたので、v10 fluffyを選びました。

以前ダイソンのドライヤーや冷温風機を購入してからと言うもの、独特な色使いや機能性などに魅力を感じ、ダイソンのファンになってしまいました。

購入したv10 fluffyは、棒の部分がオレンジなのが特徴です。

少し派手だなとも感じましたが、意外と気になりません。

購入時、50,000円弱したと思いますが、ダイソンの掃除機の中では安価な方だと思います。

より機能が良いもの、軽いものだと、軽く100,000円を超えてくるので、予算オーバーでした。

違う機種や他のメーカーと比較しましたか?比較してその商品に決めた理由は?

ダイソンのコードレス掃除機を購入すると決めていたので、あまり他社との比較検討はしませんでした。

店頭で少し他社のものも見ましたが、やはり見た目に生活感があると感じました。

ダイソンの掃除機はリビングに置いてあっても、インテリアになるくらい、スタイリッシュだと思います。

「掃除機=押し入れに隠す」のイメージを覆されました。

特にコードレスと言う特性上、さっと取り出して気軽に使える部分が利点だと思います。

なので、リビングに常に置いておくことを想像し、専用のスタンドも購入しました。

スタンドに設置するだけで、自動で充電が始まるのも嬉しい機能です。

この機種を選んで良かった点やイマイチだった点は?

「吸引力が変わらない」とキャッチフレーズにありますが、1年以上使った今でも、吸引力は一歳変わりません。

小さなゴミもしっかりと吸ってくれるので、毎日気持ちが良いです。

吸ったゴミは手元の透明な部分に貯まる仕組みなので、どれだけのゴミを吸ったか目視できるのも、良いポイントだと思います。

「今日はこれだけ汚れていたんだな」とよく分かります。

イマイチだった点は、スイッチを押している間だけ、掃除機が作動する点です。

掃除をかける最中は、ずっとスイッチを押した状態を維持しなければならず、少し面倒に思います。

マンション暮らしの人や部屋が狭めな人にはおすすめできますが、一軒家や家が広い家庭はあまりおすすめできません。

この機種のオススメのポイント

コードレスなので、とにかく気軽に使えるのが、とても良いです。

おすすめの収納は、専用スタンドにセットして、リビングに設置する方法です。

汚れが気になった時にさっと使うことができるので、常に家がきれいに保たれます。

スタンドは純正と他社製、色々なものが出ているので、一度見て見てください。

純正のアタッチメントが何種類か付いてくるのも、とても助かっています。

吸引ヘッドを小さいものに変えることもできますし、ハンディクリーナー的な使い方もできるかと思います。

車内の掃除や、布団掃除にも利用できそうです。




  ↑ ↑
ダイソン公式サイト

Dyson Micro 1.5kg SV21 FF N

運転時間:最⻑60分
質量:2.58kg

  • 従来モデルのDyson V8より吸引⼒が向上
  • ⾳響⼯学に基づいた静⾳設計
  • 衛⽣的で簡単なゴミ捨て機能
  • 0.3ミクロンもの微細な粒⼦を99.97%捕らえます
  • 2つの吸引モードの切り替えが可能
  • 床だけでなく、⾼い場所や家具の下、床の隙間も、⾃在に掃除できます
  • ハンディクリーナーとしても使⽤可能
Dyson Micro 1.5kg SV21 FF N

この機種を選んだ理由と重要視した点

ダイソンの従来の掃除機は持っていましたが、年齢を重ねていくに従って、二階などに持ち上げて掃除したり、階段を掃除したりするのが大変でした。

掃除する場所を移動するたびに、コンセントの口を探して歩きまわるのは結構大変でした。

ある日娘夫婦のところに遊びに行ったとき、コードレスの掃除機を使って楽しそうに掃除しているのをみて、コードレスは便利だから欲しいと思うようになりました。

それで電気屋さんへ行きましたが、やはり吸引力が強くて持ちやすいということで、いろいろ試しましたが、一番びっくりしたのはその軽さです。

それで決めました。

違う機種や他のメーカーと比較しましたか?比較してその商品に決めた理由は?

シャークというメーカーの製品はお値段もダイソンよりこなれていて、選択肢の一つとして浮上しました。

しかも気に入った色があったので、いいかなと思ったのですが、やはり持って掃除するときは、手元がわっかになったダイソンの方が手に取りやすく動きやすかったです。

音については、ほぼどちらも同じような感じで、甲乙つけ難かったです。

他にも国産ではマキタを観ましたが、やはりあくまでも土足で入れるような場所の掃除機なので、家庭には合わないかなと思いました。

そのほか国産でモーターの強い三菱などを試しましたが、やはりダイソンの方が上でした。

この機種を選んで良かった点やイマイチだった点は?

買って感じたことは、スタンドがついていないので別売りで買おうと思いましたが、結局、壁にセッテイングするだけで済んだので、スタンドは買いませんでした。

地震があった時など、スタンドだと倒れてしまえば、掃除機が壊れる可能性があるので、壁にしっかりと取り付ける方式にしました。

掃除を始めて思ったのですが、充電して持つ時間は意外と長いので、一回充電して5LDKの部屋の掃除をするのに問題がなかったです。

階段についてはアタッチメントを変えて小型にして吸引します。

ものすごく軽くて楽です。

いまいちというのはカラーがやはりグレーっぽいので、もっと明るい色だったら良いのにと思いました。

この機種のオススメのポイント

おすすめのポイントは、まず従来型の掃除機を購入するのであれば、このコードレスの掃除機の方が絶対に楽だと言えます。

使わないときは壁に吊り下げておけば邪魔にもなりません。

充電時間はスマホを充電するイメージで大丈夫です。3時間もすればフル充電になります。

そして、実際に掃除を始めても、強にしなくても十分にごみを吸い取りますので、結構長い時間利用できます。

ダイソンやシャーク以外の従来型の製品と比較したら、断然こちらの方が吸引力がすごいです。

アタッチメントを変えていろんな場所や布団も掃除できますので、一家に一台是非ご購入ください。

ダイソン公式オンラインストア