グルメ

パスタはレンジで茹でられるの?ダイソーの調理器なら簡単で便利

pasuta

今回紹介するのは、ダイソーで見つけた「電子レンジ調理器具・パスタ」です。

前から、テレビのバラエティー番組で紹介されたのを見ていたので、その存在は知っていたのですが、ダイソーの店頭で見つけて思わず購入してしまいました。

もし、100円でなかったら購入しなかったかもしれませんね。

ダメ元で気軽に購入しました。

パスタはレンジで茹でられるの?

この製品は、ネーミングの通り電子レンジでパスタを茹でることができるものです。

この手の商品は、一人暮らし向けであることが多いですが、もちろん、一人分も茹でられますが、おおよそ3人分の量まで茹でることが可能です。

気が利いているなと思ったところは、フタの部分に一人分のパスタ量を計測できる「パスタゲージ」がついているところです。

そして、製品本体に電子レンジでの加熱時間の目安が刻印されているので、別途取扱説明書を取っておく手間が省けます。

取扱説明書ってすぐに無くしてしまうことが多いので、これはとても助かりました。

実は私はこの手の製品を購入したのは2回めなのですが、最初に購入したのはレンジでの加熱時間が20分で、鍋で茹でる方が早いじゃんと思ってあまり使わなくなったのですが、今回ダイソーで購入したのは加熱時間が鍋で茹でるよりも短いところが気に入りました。

ダイソーの電子レンジ調理器パスタの使い方

  1. パスタゲージでパスタを測ってケースに入れます
  2. 水を容器に記載されている目印のところまで入れます
  3. お塩を小さじ1杯投入しますが、かき混ぜる必要はありません
  4. フタをしないで電子レンジの中に入れます

電子レンジでの加熱時間はパスタに記載されている茹で時間よりも4分程度多めにして加熱します。

この時間は100グラムの場合ですが、150グラムの場合の加熱時間の目安は5分くらいです。

フタをして加熱してしまうと、電子レンジの中が水浸しになって大変なことになるので、フタをしないことはしっかり覚えておいてくださいね。

加熱時間は、鍋で茹でるよりも4分から5分ほど長くなるのが難点ですが、鍋で茹でると沸騰するまでの時間がかかりますし、深鍋を洗う時間もかかるので、結果的には時短につながるのではないでしょうか。

電子レンジで茹であがったら、フタをしっかりと閉めて湯切りをします。

出来上がりは、程よくパスタがしんなりしてしっかりと茹で上がっている様子が目視でわかるはずです。

ただし、茹でるパスタの量が多いと一部固まりのようになってしまいますが、熱湯をかけてほぐせば全く問題はありません。

茹でる前の裏ワザと使った感想

加熱する前にオリーブオイルを数滴入れておくと塊ができにくいです

実際に使ってみての感想ですが、普通に茹でたのと全く変わりがない美味しい茹で上がりでした。

アルデンテっていうのですか?程よくコシが残っている状態に出来上がりました。

電子レンジ調理器パスタを使うメリットは?

麺の硬さ具合を加熱時間で簡単に調整できるところがとても良いです。

そして、火を使わないので安全です。

中学生や小学校高学年くらいの子供なら安全にパスタを茹でられるところがとても良いです。

特に、今では、レトルトのパスタ用の具材も販売されているので、電子レンジ調理器パスタを使えば、子供でも自分で昼食やおやつなどを作れるようになります。

通常パスタを茹でるとなると大量の水が必要で、沸騰するまでもとても時間がかかり、水道代もガス料金もかかりますが、電子レンジ調理器パスタを使うと水もガスも節約できて家計の負担が少なくなるところもすごく良いと思います。

そして、調理をした後の後片付けがしやすいところも大きなメリットです。

パスタをガスレンジで茹でる時には深鍋を使いますし、鍋にこびりついたヌルヌルを取るのはとても大変なのですが、電子レンジ調理器パスタの場合プラスチック製で軽量なので手軽に洗えます。

ただ、難点は少人数分程度のパスタしか茹でられないところです。

家族の人数が多く、全員が揃う夕食の時などには使えません。

4人家族なら、電子レンジ調理器パスタをもう一つ購入して使えば良いでしょうね。

100円なので2つめを購入することに対してもそれほど抵抗は無さそうです。

パスタを茹でるのがとても手軽になったため、その分、パスタの具材作りに力を入れることができるようになりました。

レンジの活用でこんなに便利になるなんて考えたこともなかったので、これからは、もっと、レンジを活用した調理アイテムを研究して、手軽で美味しい料理が作れるように研究したいと考え始めています。

次は、焼き魚にもチャレンジしてみたいですね。