グルメ

100均ダイソーのマルチスライサーで千切り!キャベツ以外にも使ってみた

sengiri

私は、包丁遣いがとても苦手で、キャベツの千切りを作るだけでもとても苦労し、大きなプレッシャーを感じていました。

そんな時に、100円ショップのダイソーで、マルチスライサーという商品を発見したのです。

100円ショップでなくても、スライサーってありますが、多くの場合は400円くらいするじゃないですか。

でも、100円で買えるのはとても魅力的でした。

100均ダイソーのマルチスライサーで千切り

個人的に気に入ったのは、ホルダーも売ってることです。

これまで、スライサーを使う時には、具材が小さくなった時に手を切ってしまうのではないかという恐怖心でした。

直接具材を手にするのではなく、この、ホルダーで具材を押し助けることで、具材が小さくなっても、ホルダーのおかげで手を守ってくれるのです。

そして、このホルダーは、スライサーに装備することで刃のカバーにもなり、刃が劣化するのを防いでもくれます。

最初に実感したのはキャベツの千切りがプロ並みの仕上がりになることでした。

細く切ることが可能になったため、とんかつの付け合わせにした時も、みずみずしくて味わい深い付け合わせとなります。

100均ダイソーのマルチスライサーはキャベツ以外にも便利

そして、びっくりしたのがきゅうりやキャベツのスライスです。

安定した厚さでカットできるので、盛りつけた時にもとても綺麗に見えます。

おつまみの充実度としても喜ばれそうです。

硬いものもしっかりとスライスできるところも良かったです。

レンコン

特に、蓮根のスライスはかつてはとても苦手だったのですが、この製品のおかげできれいにスライスできるようになりました。

レンコンのスライスの厚さってとてもシビアで、適度な厚さでないと良好な歯応えが得られなくて美味しくないんですよね。

でも、この製品では安定して程よい厚さにカットしてくれます。

これがたったの100円なんて信じられないです。

ジャガイモ

個人的にアレンジして作り上げたのが、ポテトチップス。

生のジャガイモをこの製品でスライスして、短時間で上げると、お店で売っているような絶妙なポテトチップスができるのです。

玉ねぎ

あと、オニオンスライスも最近は得意料理です。

この製品でオニオンを薄くスライスして、生卵をかけて醤油やソースをかけて食べると、居酒屋で登場するオニオンスライスのようです。

特にお酒好きの亭主を持つ主婦の方にお勧めしたい商品です。

椎茸

その他には、椎茸スライスもお勧めです。

椎茸を薄くスライスすることで風味が広がりやすくなりますし、なんといっても、味を染み込ませやすいのです。

こんにゃくやかまぼこ

また、こんにゃくやかまぼこのスライスにもお勧めです。

まるで、お刺身のようなおつまみ的な料理を作れます。

これらは、わさび醤油で食べると完全に居酒屋料理のようで、家庭料理とは思えない完成度です。

お肉なども凍らせればこの製品で薄くスライスできて、しゃぶしゃぶなどの材料を作るのにも最適です。

レモン

お酒飲みアイテム以外にも、紅茶を飲むティータイムのレモンスライスにもおすすめできます。

薄くスライスできるので、食材の節約になりますし、何より見た目が美しいです。

わさび

その他には、ちょっとマニアックですが、わさびをこの製品でスライスすると、すりおろしたのとは少し異なる味わいを実現できます。

個人的にはすりおろすよりも少しマイルドになって、わさび本来の甘味も感じられるような気がして素晴らしい調理方法だと思っています。

耐久性は?

プラスチック製なので耐久性が心配でしたが、今のところその問題は発生していません。

ただ、カットする部分は刃物なので、いずれは切れ味が悪くなるのではないかと考えてはいますが、100円なので、毎月買ってもいいのでは?と感じています。

この製品の使い方は、一般的なカッターと全く変わりはありません。

カットした食材を入れれる為のボールなどの容器を用意して、その上で、擦り付けるように具材を押し付けてカットするのみです。

購入したての場合は、切れ味が抜群で、ちょっとした力で押し付けるだけで、面白いようにカットできます。

特にキャベツの千切りでは、自分の不器用な手で包丁でカットしたのと比較すると透明度が全く異なり、とても淡い色のグリーン色のキャベツが出来上がります。

この結果を見ると、自分の包丁さばきの悪さに心が凹んでしまうほどです。

そして、なんでもスライスできる製品なので、使い方はユーザー次第であるところが素晴らしいです。

何しろ、すりおろしきやカッターなどは消耗品扱いですが、料金が100円であれば、いつでも買い足しができて気軽に利用できる製品ではないかと思っています。

100円ショップのグッズの将来性に改めて感心させられた商品だと思います。

これからも、100円で色々な可能性を提案して欲しいですね。